« 2012年7月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/02/24

ミルちゃん闘病記2

昨日の点滴と注射が効いたのか、今朝の散歩は少し元気に歩いてくれました。
朝ごはんは人間の赤ちゃん用ベビーフード、キューピーの「チーズデザート」を食べました。

〈完食してちょっと得意げ?なミル〉
Miru130224_1

何を食べてくれるかわからないので、ベビーフードや子犬用の缶詰、パンケーキなど色々用意してます。

今日も病院で点滴と注射をしてもらいました。
先生から少しフードをもらって食べてました。
昨日よりはだいぶ食欲があるようです。

さて、今後の治療ですが、毎日の飲み薬と、週1~2回の点滴で様子を見ましょうとのこと。
腫瘍に栄養を取られないようにするサメ軟骨のサプリメントも、もらいました。

ミルは若く健康な頃は体重が11~12㎏あり、柴犬のメスでもかなり大柄な方だったのですが、今の体重は8.3㎏です。これは認知症による体重の減少もあるのですが、卵巣の腫瘍に栄養を取られていることが大きいとか。
年取ったから痩せてきたのかな~と、軽く考えていました。
認知症でも栄養を体に蓄えようとするホルモンが欠損するらしく痩せていくそうです。

これからはますますやせ細っていくかもしれません。
あ~どうしよう…

今日はちょっと元気になったので、病気平癒祈願に成田山に行ってきました。
がんばって参道を歩きお参りしました。頑張れミル!
あ?歩いてると思ったら、立ったまま寝てる?^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/23

ミルちゃん闘病記1

数年前に乳腺腫瘍を二度に分けて摘出してから、アレルギー皮膚炎などはあるものの、それなりに元気に過ごしていましたが、最近、オシッコが近くなり、夜中に少し徘徊も…
そして、昨晩と今朝、少し嘔吐。一気に具合が悪くなりました。

さすがにこれはもう獣医さんに診ていただくしかない。
と、動物病院に。

Miru130223_1_2

血液検査にレントゲンとエコー、そして点滴。
今までは診察台に乗ると「ガウガウ」と先生に威嚇していたミルも、もうそんな元気はなくなっていました。

Miru130223_2

待合室で検査結果を待つことしばし、診察室に戻って先生からお話のあった結果は…
まずは認知症。これは年齢的にしかたないと諦めていましたが、次に聞かされたことはショックでした。卵巣が大きく腫れて腫瘍ができている可能性が大ということ。確かめるには切り開くしかないが、開けて癒着が酷ければ摘出は無理だし、そのまま閉じることになるし、摘出できたとしても、高齢のためカラダに大きな負担がかかるので、手術は勧められないとのこと。つまり、取っても取らなくても寿命的にはあまり変わりはないので、腫瘍との共存が無難なのではということでした。
この時、頭をよぎったのは去年、大腸の腫瘍で苦しみながら息を引き取ったリクのことでした。
ミルも卵巣の腫瘍に苦しみながら最後を迎えるのか…

Miru130223_3

とにかくなんでも食べれる物を食べさせてくださいと先生から。
夜は大好きなケーキを少し食べてくれました。
今はぐっすり寝てくれてます。
あと幾日、こんな穏やかな夜を過ごせるのだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2013年3月 »