2005/01/14

ロケ地・圓教寺?

ところで、つい先日、お参りした姫路の「圓教寺」(えんぎょうじ)。映画『ラストサムライ』のロケ地だったと言うことで、さて、どのあたりの風景がスクリーンに映し出されていたのでしょう?
と、いうことで、再度レンタルDVDを借りてみることにしました。

お!ありました。トム・クルーズが捕らえられて、渡辺謙の領地に連れていかれたのですが、その領地の一部に圓教寺が使われていました。あらためて観てみると、「おおっ!」と、いった感じです。

ls_hiroba
【ラストサムライ】
↑最初に圓教寺が映るシーン。大講堂と食堂(じきどう)。
  手前の後ろ姿がトム・クルーズ。
↓下は私が撮った写真デス。ちょっと角度や照度が違いますが。

engyouji_daikoudo

右手の大講堂は寛和2年(986年)、花山法皇の勅願によって創建され、この時に、圓教寺の寺号を賜ったといわれているそうです。元徳3年(1331年)に全焼したのですが、すぐに再建されました。昭和31年(1956年)には解体修理されています。
ん〜確かに同じ所だ、トム・クルーズもここを歩いたのネ。なんだかとっても嬉しくなりますネ♪

そして次は常行堂が映るシーン、手前のお二人は本物のお坊さんだそうです。
常行堂の創建は不詳とのことです。ここも元徳3年(1331年)に全焼、そして、すぐに再建されたものだそうです。昭和40年(1965年)には解体修理が施されています。

ls_zyoukoudo
【ラストサムライ】
↑上が映画のシーン。
↓下が私が撮った常行堂の舞台のあたりの写真。
  お坊さんの後ろの所のアップになります、わかりにくいかナ。

engyouji_zyoukoudo

そしてさらに、すばらしい・・・というか、たぶん撮っちゃダメだったんだろうけど、こっそり隙間から撮ってしまった、「阿弥陀如来座像」、映画にも出てきました。この阿弥陀さまも、常行堂の中に安置されています。
ls_butuzo_dai
【ラストサムライ】
↑これが映画のシーン。綺麗ですねえ〜優美デス。すばらしい。
↓そしてこれが、私がこっそり撮った写真。
  同じ仏像ですネ、ちょっと手ブレですかね?ボケてます。

engyouji_butuzo

私が撮ったものはロウソクの灯りだけで、陰の付き方が違っていますので、一瞬、「別のお仏像かな?」と、思ってしまいます。映画の方はライティングやアングルがすばらしく、実際よりもはるかに大きく見えます。

映画では他に大講堂の中や、奥の院付近も撮られていました。前日に『ラストサムライ』を観て、シーンをよく覚えてから足を運べば良かったなあ・・・。

ls_do_nai
【ラストサムライ】
これはおそらく大講堂の内部だと思われるシーンです。テロップは監督による説明モードのものです。ちゃんと「圓教寺」と出てきます。トム・クルーズが歩いていますねえ。

ls_bochi
【ラストサムライ】
そしてこれが、たぶん奥の院のあたりだろうと、私が勝手に思ってるシーン。でも、もしかしたら、京都のお寺かもしれない・・・。トム・クルーズと後ろ姿の渡辺謙。

ls_end_c
【ラストサムライ】
エンドクレジットにもちゃ〜んと、出てますね「書寫山・圓教寺」そして、「姫路」「京都」も。
と、いうわけで、ちょっと私なりに検証?(笑)してみました。ほんとに圓教寺でした(あたりまえ)。
これってやっぱり、映像の無断使用になるのでしょうネ。ごめんなさい。そのうち怒られますね。
でもね、でもね、どうしても書きたかったの許して〜!(汗)

で、映画はどうだったって?すいませんこちらの<寸評>をご覧ください。以前に観た時のものですが・・・

|