2006/10/15

湖東三山★本尊ご開帳

湖東三山(西明寺・金剛輪寺・百済寺)、そろっての秘仏本尊ご開帳という情報を去年知ってから、待ちに待っておりました。門外不出の秘仏本尊が三山そろって同時に公開されるのは千年以上の歴史のなかでも初めての事で、最初で最後の一大行事だそうです。とてもありがたいご開帳なのですね。

去年の5月に三山をお参りしてから、約1年5ヶ月ぶりになります。紅葉シーズンにはまだちょっと早いですが、天気が良く、とてもイイ感じです。

Kotou3_01
<西明寺・本堂(瑠璃殿)>
〒522-0254 滋賀県犬上郡甲良町26 TEL 0749-38-4008

いくつか続けてお参りするときは一番遠くのお寺から・・・というのが我が家のお参りスタイル、なので三山中、一番北に位置する西明寺からスタートです。

Kotou3_02s鎌倉時代に飛騨の匠が建立したといわれる、本堂や三重塔はとても美しい堂宇です。
西国薬師霊場でもある西明寺、ご本尊はもちろん薬師瑠璃光如来さま。そして、本尊ご開帳は半世紀ぶりということです。ご住職1代に1回のご開帳ですから、この機会を逃したら、私はもう拝見するこができませんね~。
厨子の中にひっそりと立っておられる薬師さま、とても凛々しいお姿でした。

それでは次のお寺、金剛輪寺へとクルマを走らせます。

Kotou3_05
<黒門>

さてさて、ここはちょっとキツイ石段を上らねばなりません。黒門からおよそ300m、覚悟はしていましたが、いや~運動不足の私にはこたえますデス(汗)。

Kotou3_06

Kotou3_08

石段両脇に並ぶお地蔵様、すべてに風車がお供えしてあります。

Kotou3_09
<本堂>
〒529-1202 滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺873
TEL 0749-37-3211

金剛輪寺のご本尊・聖観世音菩薩は奈良時代の高僧、行基菩薩によって彫られたものですが、その際、木肌から一筋の血が流れ落ち、観音さまに魂が宿ったということで、粗彫りのまま安置されています。霊験あらたかな「生身(なまみ)の観音」と呼ばれ、篤い信仰を集めているそうです。

Kotou3_12

お参りをすませ、山を下りたら駐車場には観光バスがド、ド~ンと止まっていました。これは混み合いそうですね、さ、先を急ぎましょう。

さて、最後のお寺、百済寺です。

Kotou3_13
<仁王門>

ここも、それなりに長い石段が続きます。三山の中で、最も長い参道だそうですが、途中の庭園本坊のところに駐車場があるので、先ほどの金剛輪寺よりちょっと楽かナ?それでも仁王門前の駆け上がるような石段には息が切れます、フゥ~。(汗)

Kotou3_20d
<本堂>
〒527-0144 滋賀県東近江市百済寺町323
TEL 0749-46-1036

百済寺のご本尊は、別名『植木観音さま』と呼ばれます。これは、聖徳太子が根の付いたままの幹に、十一面観音を彫ったことに由来しているのだそうです。

Kotou3_21
<本坊(喜見院)内庭園>

こちらは駐車場近くにある庭園。山腹を利用して変化に富んだもの。

またしても、駆け足でのお参りでした。かなりの手抜き記事ですが、詳しくは前回のお参りをご覧ください(汗)。


気を取り直して、本日の昼食に。

百済寺からちょっと南へ走っていると、国道307号線沿いにひときわ目を引く三角屋根の欧風建物、「道の駅・あいとうマーガレットステーション」と、いうのを発見!さっそく寄ってみることに。

Kotou3_24d
<道の駅・あいとうマーガレットステーション>
〒527-0162 滋賀県東近江市妹町184-1 TEL 0749-38-4006

おっと、その前に、愛犬たちの散歩デス。
クルマの中でず~っとお留守番でしたからネ。

Kotou3_22

Kotou3_23

ここ、マーガレットステーションには採れたて野菜の直売所やジェラートのお店、フラワーアレンジメント体験工房などもあり、多くの人で賑わっていました。

Kotou3_25
<日替わりセット \1300>

Kotou3_26
<湖東三山セット \1300>

私たちはレストランでお食事です。

Kotou3_30

ショップではハーブやポプリ、ドライフラワーなどのほか
地元の特産品や田園グッズを販売していました。

Kotou3_29

こちらでは沢山のお総菜やお弁当が売られていました。
お弁当を買って、外で食べても良かったかナ☆

さ、お腹がふくれたところで、出発です。
今日はこれから草津の西岡先生のところへ向かいます。
さっそく今日のご報告をしなくっちゃ♪

Kotou3_31駆け足でお参りした湖東三山でしたが、この特別なご本尊ご開帳時にお参りできたことは、大変ありがたいこです。これでまたひとつ、観音様や薬師様との「縁」が深くなったことでしょう。
ほんとうに、ありがとうございました。

|

2005/05/04

湖東三山

今日は草津の西岡先生とお会いする約束ができたので、その前に、かねてからお参りしたかった湖東三山へ行くことにしました。
『湖東三山』とは琵琶湖の東に位置する歴史深い3つの天台宗のお寺の総称です。北から『西明寺』、『金剛輪寺』、『百済寺』。
名神高速を彦根で降り、北の『西明寺』からお参りすることに。
実はこの西明寺、以前、多賀大社に行ったときに、一度お参りしています。が、三山セットでお参りしていないので、あらためて、さらに西国四十九薬師霊場の三十二番札所でもあるのでなおさら、あらためてのお参りデス。

西国薬師霊場第三十二番 龍應山・西明寺
(りゅうおうざん・さいみょうじ)

近江湖東名刹第八番霊場
〒522-0254滋賀県犬上郡甲良町池寺26
TEL 0749-38-4008
宗派:天台宗
本尊:薬師如来
開山:三修上人
開創:承和元年(834)
御詠歌:衆人(もろびと)の 病む身と心 癒すらん
          閼伽(あか)池に立つ お薬師さあま

kotou3_1-1

前回お参りしたときは2月でした、とても寒かったのですが、今日は天気も良く、ちょっと汗ばむくらいの気候です。
薬師霊場の御朱印は入り口の受付のところでもらいます。

kotou3_1-2
<美しい庭園>

三修上人(慈照上人)が、琵琶湖の西岸を歩いていた時、東岸の彼方から紫雲がたなびき、光明がさすのを見て、その地へ行き寺を建て、薬師如来を祀ったのが、西明寺のはじまりだそうです。平安初期の承和元年(834)のことです。そして薬師如来の瑠璃光が西の方を明るくしたとのことで、仁明天皇から『西明寺』の勅願を賜ったとか。

kotou3_1-3
<本堂より見た三重塔>

戦国時代に織田信長は比叡山を焼き討ちにするのですが、この西明寺も直後に焼いてしまいます。しかし幸いにも、本堂、三重塔、二天門が難を免れ今に残っています。


<堂内中央、秘仏の本尊、薬師如来が安置される厨子>

kotou3_1-4
<国宝第一号に指定された本堂>

いつもそうなのですが、今日も時間がありません(汗)では次の金剛輪寺へいきましょう。

近江西国第十五番霊所 松峰山・金剛輪寺(こんごうりんじ)
湖国十一面観音第十一番霊場
近江七福神霊場
〒529-1202滋賀県愛知郡秦荘町松尾寺873番地
TEL 0749-37-3211
宗派:天台宗
本尊:聖観世音菩薩
開山:行基菩薩
開創:天平13年(741)
御詠歌:わけいりて ほとけのめぐみ まつのみね あらしものりの こえかとぞきく

金剛輪寺は聖武天皇の祈祷寺として、行基菩薩が天平13年(741)に開山された天台の巨刹です。

kotou3_2-1
<黒門>

ここはワンコ入山OK!道路に面した黒門を抜け、受付で入山料を払い、軽い気持ちで歩き出したら「げっ!」なんと本堂までは石段を300メートル?愛犬2匹を連れてくるんじゃなかった、クルマに待たせておけば・・・

kotou3_2-2
<お地蔵さまとお話をするミル>

参道両側にはずら〜っとお地蔵さまがいらっしゃいます。すべて風車を花筒に抱えて、カワイイですねえ〜。
時間がない私たちは息を切らしながら、赤門、白門を横目に足早に本堂を目指します。

kotou3_2-3
<千体地蔵>

途中右手にある千体のお地蔵さま、ここのお地蔵さまも風車を花筒につけられて、綺麗に並んで楽しそうです。ワイワイと歓声が聞こえてきそう。

kotou3_2-4
<二天門>

やっとこさ、本堂前の二天門にたどり着きました。大きなわらじが左右にかけられています。これは七難即滅を願うものだそうです。

kotou3_2-5
<本堂>

二天門を抜けるとスグ本堂です、本堂内には秘仏の本尊・聖観世音菩薩、阿弥陀如来、十一面観音立像など十体の重文指定の仏像が安置されています。とてもすばらしかったです。本堂左には三重塔(待龍塔)があります。

kotou3_2-6

さ、次のお寺にまいりましょう。(はやっ)

近江西国第十六番霊所 釈迦山・百済寺(しゃかさん・ひゃくさいじ)
湖国十一面観音霊場第十番霊場
〒527-0144滋賀県愛知郡愛東町百済寺丁323番地
TEL 0749-46-1036
宗派:天台宗
本尊:木造 十一面観世音菩薩立像
開山:聖徳太子
開創:1400年前(飛鳥時代)
御詠歌:このやまは わきてぞあふぐ のちのよを たのむほとけの みなとおもへば 

kotou3_3-1

kotou3_3-1_1
<喜見院の庭園>

池泉回遊式で山上眺望が開けた庭園です。山に登り山頂に達すると、湖東の平野が眼下に展開し、遠くは比叡山に連なる湖西の山並みを眺望できるとか。でも私たちはここでも時間がなくパスであります。(泣)

kotou3_3-2
<仁王門>

またしても長い石段の参道です、約250m、またしても息切れ。よかった愛犬を連れてこなくて。(汗)
ここの門にも大きなわらじが左右に掛けられています。2m以上あるでしょうか?すごく大きいです。

kotou3_3-3
<本堂>

湖東三山のなかでは最古と伝えられる百済寺、建立時は「くだらじ」と呼ばれていました。飛鳥時代、聖徳太子の発願より、百済国の梵閣龍雲寺(ぼんかくりゅううんじ)を模して造られ、暦を日本に伝えた観勅もこの寺にいたと伝えられます。開創時のご本尊は「植木(うえき)観音」と呼ばれる聖徳太子ご自作の仏像でしたが、その後藤原時代に十一面観世音菩薩が造立されご本尊となりました。
平安時代に天台宗に改宗してからは300余坊の塔頭を構え、「湖東の小叡山」と云われるまでになりましたが、度重なる大火や兵火によってほとんどが焼失してしまい、平安時代のものは現在の本尊などの主な仏像や経巻類が残るだけとなりました。現在の本堂・仁王門・山門は、江戸時代前期、井伊氏の奇進によって甲良大工の手で建てられたものだそうです。

と、いうわけで、そろそろ草津の西岡先生のところへ向かいます(急げ!)
あっ!滋賀といえば「カレーの木」が合い言葉の私たち、忘れるところでした、草津の前に栗東の「カレーの木」に寄らなくては。。。

kotou3_3-5
<エビのオムレットカレー>

いやあ〜また来てしまいました「カレーの木」。
やはりココだけは飽きないですなあ〜(笑)

そこから10〜15分ほどで、先生のお宅に到着。お約束の時間に少し遅れてしまいました。(汗)

大変ワンコ好きの西岡先生にミルリクも大はしゃぎ、しばしたわむれて(笑)それでは邸宅内へ。
今日は真理についての勉強会&相談会でしたが、その前にちょっと西岡学校の子供達の玩具のひとつ、超合金についての検証会(笑)です。

kotou3_3-6

まずは超合金グレートマジンガー。カッコイイっすね、これはイイ。マジンガーZをはるかに凌ぐ戦闘力を持つというのもうなずけますナ(ほんまかいナ)。ちゃんと、パイルダーオンするし、ロケットパンチだって飛んじゃいます。
Dr.ヘルの機械獣たちの威力の前に無残にも破壊されてしまったマジンガーZ、その雄志を受け継ぎ登場したグレートマジンガー、「ガンバレー!」

kotou3_3-7

そして、超合金ウルトラマンネクサス。重量感、可動範囲、どれをとっても納得のデキとなっている!スゴイ!どんなポーズだってとれちゃいます。いやあ〜最近の超合金は進歩しましたね。

kotou3_3-8

と、そうこう検証していると、運ばれてきたのが、アイスクリーム!私にとってはこちらの方が数段スゴイ!(笑)
なんと先生の妹さんのお手製だとか!しかも「きなこ」のアイス♪スゴイです健康的です、絶妙の甘さです、ごちそうさまです!。なんでも先生の妹さん、これから来る方の好みや今食べたいものとかが、おわかりになるとか。。。これまたスゴイ!カレーを食べて「ヒィーヒィー」言ってる私たちに、出されたのが、なんとチベたくて、ほんのり甘いアイス、おみごとであります☆

それから、勉強会&相談会はとてもとても有意義なものでした、解らなかったことや、悩んでいたこともすっかり爽快で、まだまだお話ししたかったのですが、

kotou3_3-9
<そろそろ散歩に連れてってー>

kotou3_3-91
<お散歩、お散歩!>

ミルリクも、もう待ちくたびれてしまって、しかたなく今日はオヒラキとなりました。
今日も大変幸せな一日でした。さ、それでは大阪へ帰るとします。
西岡先生どうもありがとうございました。では。

|

2005/02/13

西明寺

多賀大社の糸切餅の天ぷら(今考えるとムショウに食べたくなってきた)に後ろ髪を引かれながら一路、西明寺へ。クルマで5〜10くらいでしょうか、国道から名神高速を横切ったところにあります。二天門近くまでクルマで上ることができます。山門は国道沿いにあるのですが駐車場がずっと上の二天門の近くなのです。本当は山門からお参りしなければならないのですが・・・。
駐車場は無料で結構広いです。今日はクルマがほとんど止まっていなかったので、ミルリクのお散歩タイムにしました。

saimyou_miru_toubou
<やったあ〜!ノーリードだあ♪>

saimyou_miru
<あぁ捕まっちまった、しゃあない雪の上でオシッコでもするベ>

saimyou_riku
<なにしょんねんミルちゃん、せやけど気持ちよさそーやなあ・・・>

誰もいなかったので、リードをハズしてみたのが間違いでした、とっとことっとこ、下山し始めたのデス。もうビックリしました。なんとか捕まえて、リードをして、ハァー・・・。
と、ドタバタしましたが、気を取り直して、西明寺へまいりましょう。

ここ西明寺は湖東三山のひとつです。”湖東三山”とは鈴鹿山系の西側、湖東平野を一望する山腹に伽藍を置く、西明寺(さいみょうじ)・金剛輪寺(こんごうりんじ)・百済寺(ひゃくさいじ)の三ヶ寺を言います。
今日は時間がなかったので、西明寺だけお参りしました。

西明寺は天台宗の寺院で平安時代の承和元年(834)に三修上人が仁明天皇の勅願により創建されました。平安・鎌倉・室町の各時代を通じて大変栄え、当時山内には17の諸堂、300の僧坊があったといわれています。戦国時代、織田信長に焼き討ちにされるも、幸い本堂、三重塔、二天門が火難を免れ現存しています。これってスゴイ貴重ですよネ。

saimyou_mon

その焼けずに残った二天門(重要文化財)。室町時代初期に建立されたもので柿(こけら)葺きの八脚門です。

saimyou_niou

これは二天の増長天でしょうか?(汗)、とってもりっぱです。


saimyou_hondou
<左手前が本堂、奥に見えるのが三重塔>

二天門をくぐればすぐ正面に本堂が見えます、そして右には三重塔。これもまたどちらも焼けずに残った貴重な建物です。本堂(国宝第一号)は鎌倉時代の初期、飛騨の匠が建立した純和様建築で釘を使用していないもので、屋根は桧皮葺きです。三重塔(国宝)は鎌倉時代後期のものでこれまた釘を使用していません。今日はどちらの屋根にも少し雪が残っていました。

saimyou_honzon

さてさて、本堂内を拝見させて頂くことに。本堂内に入れるお寺はとっても好きです。本堂中央にはご本尊の薬師如来さま、しっかり厨子の扉は閉じられています。これは秘仏で、ここのご住職が変わる度に一度だけご開帳されるらしく、今度は来年だそうです、なんでも50年ぶりのご開帳だとか!また来なくてはなりませんネ。薬師如来さまの両脇には日光菩薩さま、月光菩薩さま。そしてご本尊を守護する十二神将。十二神将は、それぞれの頭上に12支のエトの動物を乗せています。生まれ年の健康の守り本尊です。豪華ですね。
あ、堂内は写真撮影禁止ですヨ。(ゴメンナサイ)

saimyou_fudou

そして、ご本尊の裏手には、な・な・なんと!不動明王さま♪私の守り本尊さまなのです☆とっても嬉しかったです。あ、当然、写真撮影禁止です(汗)。仏像が黒いのは護摩供養の火を焚くため、そのすすが長年に渡って付着したものだそうです、なので仏像に限らず本堂内の柱もみんなすすで真っ黒でした。

駆け足で、拝観いたしましたが、とってもイイお寺でした。ご本尊さまが拝見できなかったのはちょっと残念ですが、名勝庭園や不断桜(春秋冬に開花)もあり、なかなか見所の多いお寺でした。

と、いうことで、お参りを終え、草津の西岡先生のお宅へ急ぐことにします。ちょっと約束の時間に間に合わないかナ?

|